ウルトラフリー 自由の翼 2chまとめ

ジャンルフリーで最新情報ゲット!

男「結婚してください」、女「いいよ」、男「家に来て」、女「嫌、1人でゆっくり休みたい」、男「おかしくない?」、女「結婚は依存ではない」、男「!?」

   

男「結婚してください」、女「いいよ」、男「家に来て」、女「嫌、1人でゆっくり休みたい」、男「おかしくない?」、女「結婚は依存ではない」、男「!?」
WS000009

1:名無し募集中。。。:2018/02/22(木) 13:04:58.21 ID:0.net
「僕と結婚してください」
 この計画はうまく遂行され、プロポーズは感動的で思い出深いものとなった。
 旅行は、2泊3日の日曜帰りだったが、省吾も佳恵も月曜、火曜と有給を取っていた。
省吾の中では、ロマンスカーで新宿に戻ってきたら、そのまま2人で省吾の家に行き、火曜日まで一緒に過ごすつもりでいた。
ところが、佳恵は、「新宿からこのまま自分の家に帰る」という。

 「どうして?  何か予定が入っているの?」
 「何もないけれど、3日間一緒にいたのだから、2日間はゆっくり家で休みたいの」
 「僕の部屋で休めば?」
 「1人の時間をつくりたい」
 ここで言い争いになった。
 「横に僕がいたらいけないの?」
 「1人で気持ちを休めたい」
 「僕がいると、気持ちが休まらない?  結婚したら2人でずっと一緒に暮らすのに?  それって、おかしくない?」
 「だって、まだ結婚したわけじゃないでしょ!」

 会話はどんどん悪い方向にヒートアップしていったので、いったんは省吾が折れ、佳恵が家に帰っていくのを新宿駅で見送った。
しかし、家に帰り部屋で1人寂しくなった省吾は、その気持ちをメールでぶつけてしまった。
.
 すると、こんな返信がきた。
 「結婚は、依存ではありません。自立した個々が織りなしていく生活です。2人でいる時間も大切ですが、私は自分1人の時間も持ちたいと思っています」
 いつもなら甘えた口調のタメ口メールを返してくるのに、理路整然とした、ですます調のメールが腹立たしく、売り言葉に買い言葉で、「その言い方はなんだよ!」と返信。そこでまたケンカが勃発した。

 ラブラブだったはずの2人が、ここからギクシャクしだした。
 省吾は、ただ彼女と一緒にいたかっただけ。男としてはちょっと恥ずかしいが、彼女に甘えたかっただけ。ところが、それから1週間は、メールも電話も会話がすれ違うようになり、彼女はひたすら自分の結婚観を語る。省吾には、それが押し付けに取れた。

 「わかったよ。もう一緒にはやっていけないね。さようなら」

 これは、婚約中に最も言ってはいけない言葉だ。しかし省吾は、別れを切り出したことで、「ごめんね。しょうちゃんと一緒にいたいよ」と佳恵が甘えてきてくれると思っていた。
 ところが、佳恵からはこんな返信がきた。

 「私もこの結婚について、考え直したいと思っていました。しょうちゃんと結婚したら、自分が自分らしくいられなくなる気がしています。
そんな結婚だったらしても意味がない。受けたプロポーズはいったん白紙に戻してもらえませんか?
お見合い後の交際に入った状態に戻して、今後の2人の関係を考え直したいです

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180222-00209172-toyo-soci&p=4


元記事:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1519272298/


続きを読む

 - 未分類